ワインの製造工程

   
3ワインの製造行程

1ワインづくりの基本・
 考え方


2
ワインが出来るまで

3ワインの製造工程

4
熟成ビンテージワイン
 の出来るまで


5
ワインの種類



6お好みのワインをお選
び下さい。

wine shop

シャルマンワインは気軽に飲めるデイリーワインからワインの頂点を目指す最高級ワインまで、原料の選別 、貯蔵年数によって、3つの段階のワインとして製造しています。

限定「シャトーシャルマン ビンテージワイン」
「シャルマン ビンテージワイン」
「シャルマンワイン」


「ビンテージワイン」は自家農園、契約農園で栽培したぶどうを原料としたものに限り、与えられる名称。当社では1963年から始めたヨーロッパ系ワイン専用ぶどう栽培 をもとにビンテージワインづくりに取り組んでいます。
栽培、収穫に限りのあるぶどうからつくるワインですので、大切に取扱っております。収穫されたぶどうは木別、房別に選別 され、ワインづくりに向けられます。 
ワインは白、赤の種類で製造方法が異なります。製造手順はシャトーシャルマン・ビンテージ、シャルマン・ビンテージ、シャルマンワインに向けられ、原料の選別 、原料ぶどうの品種、瓶詰め前の貯蔵年数と貯蔵方法、通算貯蔵年数の違いにより各段階に定義を分けています。

    白ワインの工程  
1.
搾汁 厳選されたぶどうを搾汁します。搾汁工程は3段階に分けられ、搾汁の順番にフリーランジュース 、Pプレスジュース 、PPプレスジュースといわれます。一番最初に絞ったフリーランジュースのみを使用します。

2.
醗酵 醗酵管理は17℃前後の低温管理で20日から30日掛けて醗酵終了させます。醗酵終了したワインは、後醗酵、オリ下げを1年掛けて行ない、ややキレイなワインになって来ます。

3.
貯蔵 醗酵終了したワインは貯蔵して瓶詰めします。シャルドネ、1〜2年樽貯蔵して瓶詰めをします。セミヨンは1〜2年タンク貯蔵して瓶詰めをします。この貯蔵の過程でも「オリ引き」を行います。

   赤ワインの工程  
1.
破砕 ぶどうを破砕して果梗(ぶどうの茎)を抜き取り、醗酵タンクに入れ醗酵させます。

2.
醗酵 醗酵は30℃近い温度で15日位で完了します。醗酵しますと、ぶどうの皮がタンクの上部に浮き上がり皮、実のミネラルを完全に抽出できませんので、タンクに押し蓋をしてぶどうの皮、実をタンクの下に押し下げ、成分がよく抽出できるようにします。醗酵が完全に終わるまでこの状態を保ちます。
醗酵終了前に皮を分離する方法もあるようですが、当社では醗酵が完全に終了するまで皮、実の分離はせず、果実の成分が十分ワイン中に溶出してから圧搾分離します。

醗酵終了したワインは、後醗酵、オリ下げを1年掛けて行ない、ややキレイなワインになって来ます。

3.
貯蔵 醗酵が完全に終了したワインは、シャトーシャルマンは樽、シャルマンビンテージはタンクで1〜2年、シャルマンワインはタンクで2〜3年貯蔵します。この過程でもオリ引きを行います。

瓶詰めからの工程は白、赤ともに同じです。

瓶詰め
樽またはタンクの貯蔵が終了したワインを瓶詰めにします。瓶詰めしたワインはさら に貯蔵し、通算4〜5年貯蔵を目標にして販売するように製造していますが、貯蔵年数 は多少変わることもあります。 

ビンテージワインには「年号」の表示、シャトービンテージワインには「年号」「限定」の表 示が印刷されたラベルを貼り、製品に間違いがないようにします。また、シャトービ ンテージワインのコルクは耐用年数20年の最高のコルクを使用してい ます。この為コルクが堅いので開栓時には注意が必要です。

ワインリスト Topへ戻る