<

 ぶどう(ワイン専用)栽培経過           

                             
1赤ワインの代表
 カベルネフラン


2ぶどう(ワイン
 専用)栽培経過

0
ホームトップ
64年から始めたぶどうづくり。

1963年にワイナリーを白州の地に構え、1964年から標高600メートル、10,000平方メートルの農園でヨーロッパ系ワイン専用ぶどうの栽培を行ってきました。

以来、試行錯誤の年月を重ねて、現在のぶどうが栽培できるようになりました。心を込めて栽培したぶどうからシャルマンワインが誕生します。
栽培を始めて45年、自然と向き合いながら、あらゆる試みと研究を重ねて一房一房ていねいに育てています。     (
45年の経過


3お好みのワインを
お選び下さい

wine shop


















1964 ぶどう試験栽培用農地の許可申請。苗木づくり開始。
1965 白根町にセミヨンの契約栽培を開始。
    
自家農園を造成、山梨県農業試験場と苗木屋からヨーロッ
    パ系ぶどう苗木カベルネフラン他12種類の分譲を受ける。
1968 自家農園での収穫が始まる
1969 ヨーロッパ系ぶどうの契約農場での栽培も開始
     (セミヨン,シャルドネ,リースリング)
1970 
病気に弱い、寒さで枯れる、収穫が早過ぎる、不適確なぶ
     どうが続出 不適確ぶどうにカベルネフラン種を接木する。
1975 収穫量は多くなるが、20〜23度必要な糖度が15〜16度位
    しかか上がらない。
     収穫量を落とし、肥料を改良したが糖度は変化せず。カベ
    ルルネフラン、シャルドネ、セミヨンの ウィルスフリー苗木を
    フランスより輸入。
1985 ウイリスフリーの苗木により極めて良質のぶどうを収穫
1988 古い木を全部切る。残りは全部ウィルスフリー木となる
1989 糖度、カベルネフラン23度、シャルドネ22度、セミヨン22度
    に なる。
1995 垣根栽培の契約農園を設ける
1998 1月、60年ぶりに1mの積雪。雪の影響で80%ぶどう芽は
    発芽せず。
    収穫量は約2トン以内と減少したが、後で発芽した為、遅い
     芽で棚がいっぱいになる。
1999 予想外に収穫できたが、病気に悩む
2000 芽が出ない時期、冬季消毒を手作業で処理し万全を尽くす。
    ぶどうの房に笠掛けをする。垣根栽培はビニール被覆する。

    良質のぶどうが収穫出来た。